お問い合わせ・予約

ブログ

神前式におすすめの時期って?

2016/05/10

神前式におすすめの時期って?

新しい門出といわれているおめでたい結婚式。

一生に一度しかない結婚式は盛大に厳かに挙げたいと考えている人がほとんどですが、できれば日にちや時期にもこだわるとより良い結婚式を挙げることができるでしょう。

神前式と呼ばれる神式の結婚式の場合、春や秋といった時期にこだわらずに結婚式を挙げることができますが、日にちは一日か十五日に行うとよいでしょう。

理由のひとつとして、新式では一日と十五日が神様の日としてお神酒やお供え物を備えてお祀りしますので、おめでたい日もこの日に合わせると尚良いです。

基本的に結婚式は真夏や真冬を避けますので、気候の良い時期に合わせて結婚式を行うと、参列者の方の服装も選びやすいですし、また天候に左右されることもないためおすすめです。

神前式は外で行うわけではなく、屋内の神主の前で一生の愛を誓うことになりますので、おすすめの時期としては春が一番良いかもしれません。

また、神式でよい月や日がわからない場合は、ウェディングプランナーの担当者にお尋ねするか、あらかじめ神主さんに良い時期をお尋ねしておいたほうが無難です。