本地垂迹説について

お問い合わせ・予約

ブログ

本地垂迹説について

2020/09/28

以下の文章を読んで空欄(   )に入る言葉として正しいものを選んでください。
 平安時代になると、本地垂迹説という考え方が出てきます。この日本の神々は仏の仮の姿の現れとする考え方から(   )という新たな神様の称号(神号)が生まれます。そして、神社のご本殿に神像や仏像を安置し、神社の境内に寺院を建て、神職と並んで僧侶が祭祀や管理を行う例も出てきました。これを一般的に宮寺と言います。

 

1.明神
2.名神
3.権現
4.示現

 

正解 2.名神

 

〜解説〜
 「名神」とは古代において特に霊験あらたかとされた神社のことをいい、「延喜式神名帳」にも記載があります。明神と名神の区別については明確ではありませんが、中世以降は、名神ではなく明神を使用する例が増加していくようです。

 

神社の豆知識はこちら https://www.jinja-kekkon.net/menu/library