お問い合わせ・予約

ブログ

神社検定

2018/09/04

神社検定

江戸幕府4代将軍・徳川家綱のときに神社や神職に対して出された以下の基本方針は何と呼ばれるでしょうか。
 定
一 諸社の神職は、神祇道やご祭神についてよく学び、伝来の神事・祭礼に努めなくてはならない。怠るものは、その職を剥奪する。
一 位階昇進を伝奏によって行ってきた者は、これからもその通りにすること。
一 位階を持たない神職は、白張を着けること。それ以外の装束を着ける場合は、吉田家からの免許状に従うこと。
一 社領地は決して売買してはならない。付則、質に入れることも禁じる。
一 社殿が破損したときは、そのつど修理を行うこと。付則、掃除を怠ってはいけないことも付け加える。
以上の条目は必ず守ること。もし違反があった場合には、その過ちの大小によって裁定する。
 寛文五年七月十一日

1.諸社祝頭屋法度
2.諸社彌宜神主法度
3.神社神職宮主法度
4.神社神主巫女法度

正解 2.諸社彌宜神主法度