神社での作法・マナーなどもご指導しております

お問い合わせ・予約

神社での作法・マナー

参拝と作法

神社でのお参り(参拝)の仕方・作法

作法

1冊あればとても便利な小冊子です。写真入で神社での作法を紹介しています。
ご希望の方は下記まで申込方法は欄外をご確認下さい。
また、結婚式のご予約を頂いた方には差し上げております。

● 参拝と作法の小冊子をご希望の方は下記ブライダルサロンまで
200円分の切手をご郵送ください。
<送り先> 650-0004 神戸市中央区中山手通1-22-8 アルステラキタノ内 三々九度 まで

心と形
素直な気持ちで、2拝(礼)2拍手1拝(礼)
参拝方法
正式な参拝(祈祷等)は初穂料を持参して社務所に申込。
車両の安全祈願、地鎮祭なども同じです。
初穂料
神社により定めのあるところとお心次第のところ。
(正式な包み方)奉書紙を用います。封筒ではありません。
手水
参拝前に左手>右手>口>手を拭く。
流水、巫女の奉仕の場合も同じです。
拝礼
拝礼の姿勢は直立、正座で 2拝(礼)2拍手1拝(礼)
玉串拝礼
最も儀式的に感じる参拝方法です。
神職又は巫女から手渡された玉串(榊)を神前にささげた後に2拝(礼)2拍手1拝(礼)
参拝後
なおらい)は一般的には神酒(神様にお供えした酒)を頂く、平常に戻るという意味おさがり(撤餞)は神様にお供えしていた品物を分けていただく。米・酒・お守り・お札など。
報賽
「ほうさい」と読みます。神様にお願いしたことが、成就しお礼にお参りをすること。
賽銭
昔、紙幣はありませんでしたから「銭」で表記。
作法

リハーサル用の三々九度の杯・玉ぐし、親族杯をブライダルサロンにご用意しています。
当日、巫女からの説明だけでは不安というご家族には是非ご利用下さい。
所要20分:無料 ※但し、要予約です。ご協力下さい。
外国人の方専用「誓詞」もご用意。
 

打ち合わせ